トップページ

ご利用方法

お客様の声

アクセス

よくある質問

お問い合わせ

QUILLについて

 

 

新着ニュース

 

 

 

評価結果

保護者向け評価結果

評価はこちらからご覧ください→【保護者向け評価】

 改善事項として、

  1:HPで活動報告概要や行事の報告

  2:防犯マニュアル等マニュアルの周知の為HPに掲載する

  3:職員の専門性の周知

 

 

事業所向け評価結果

評価はこちらからご覧ください→【事業者内評価表】

 

 

 

代表挨拶

 QUILLは、発達の気になるお子様に対して、運動学・神経学・脳科学の側面から最適なアプローチ方法を探索して発達を支援する教室です。

 

QUILLの名前の由来

 QUILLとは、大きな鳥(ダチョウなど)の羽を使ったペンです。羽ペンは、軸(芯)が強く、強い力(負荷)が加わっても折れることなく字を書くことができます。

QUILLに通う子供たちに、軸(芯)の強い人間に成長してくれるようにと思いを込めこの事業所名を付けました。

 

QUILLの目標

 脳科学に着目したプログラムを提供いたします。

 

  発達の気になるお子様は、生まれつき脳の一部の機能が通常と違っているために生きにくさを感じることがあると考えられます。QUILLは、脳へのアプローチを最重要と考え、お子様にあったプログラムを提供いたします。

 

  • 脳科学&運動

  運動は心身、脳を育てる方法として最適と言われています。

 QUILLでは、最新の脳科学で裏付けされた柳沢プログラムを取り入れ、経験豊富な運動保育士(柳沢プログラムと脳科学の知識を習得)が運動を提供いたします。

 小学校の高学年から中学生になると、運動も種目や質を変えていく必要があります。運動の専門家である理学療法士がスポーツ整形で培った知識・経験を駆使し、年齢(発育段階)に最適な運動プログラムを提供いたします。

 

  • 個別主義

 お子様により得意・不得意があります。不得意を改善することも重要です。さらに、得意な面をもっと伸ばしていけるような療育に取り組んでまいります。

 

  • 学習

 運動後は、脳環境が整い学習に最適な状態と言われています。例えば、ある学校では授業の前に0時限目を設けて、朝校庭を走ってから授業に入るという学校もあります。その学校は大きく成績が向上しました。運動で学習に最適な脳環境を作り、学習能力や社会性の向上、個性を磨いていきます。

 

  • 刺激

 運動前にウォーミングアップするように、脳にも刺激をいれていく順番があると考えています。脳は、注意やバランス、自己免疫に関わる「脳幹」、好き嫌い・やる気・記憶や感情に関わる「大脳辺縁系」、思考など人間の脳である「大脳皮質」に分けてプログラム構成しています。

 

専門性

 運動の専門家である常勤の理学療法士が、脳の発達段階のサポートを学ぶ発達支援コーチを取得して、お子様の発達段階に合わせて最良な療育を心掛けます。

 

  • 「運動が苦手でも大丈夫」「筋肉や関節が弱くても大丈夫」、運動能力の差は関係ありません。
  • 『楽しく安全』を第一に考え、安心してお預けいただける体制を整えています。

 

 

※体験を希望される方随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

QUILL 一日の流れ

 

 

page_01

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号096-387-4945 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • ▲page top